概要

1965年君津郡市からなる1市11町村を活動エリアとして成立した木更津青年会議所は当時、地域の中核を木更津市になっていたことからその名称を選定しました。そして1973年10月8日に社団法人設立許可を受け(社)木更津青年会議所となりました。

その後活動エリアは合併や市制化と経て木更津、君津、富津、袖ヶ浦の4市に集約され、当地域では一部において広域行政が行われ、市民生活レベルにおいても経済、文化、教育など個々の市を超えて営まれてきました。

東京湾横断道路、東関東自動車道の建設による交通網の拡充がもたらす東京、横浜、川崎、千葉などの大都市との都市間競争の激化や、かずさアカデミアパークの建設による流入人口の増加、情報の氾濫など正に大きな変動が予測される21世紀を迎えるにあたり私たち青年会議所は2つの目的のために、創立30周年を迎える1995年を期に名称を変更する決断をしました。

私達は変革の先駆者として、当活動エリアのつながりをより密にし、広域行政を推進する必要性を市民および行政に積極的に働きかけていくことが重要と考え、自らが実践し得るまず第一歩として、1992年の四市市民アンケートによって多くの方々に当地域の呼称として、支持され私達が提言した「かずさ」に名称変更しました。またこの名称変更によって、木更津市以外の三市で当地域の団体として知名度低いため私達青年会議所の会員構成にアンバランスをきたし、会員拡大の障害になっていた要因を取り除き、バランスの良い会員構成によって組織のエネルギーを生み出し、当活動エリア全体に青年会議所運動の輪を拡げやすくした。

かずさJCのルーツ

東京JC
認承番号001 認承日1949.9.3
千葉JC
認承番号195 認承日1960.10.9
木更津JC
認承番号311 認承日1965.12.12
1972年 社団法人設立許可
名称変更
かずさJC 認承日1994.7.21 実施日1995.1.1 館山JCのスポンサーとなる
館山JC
認承番号428 認承日1969.12.3
*スポンサーJCとは新しくJCを創設する際に推薦者となるロムをいいます。
*例会の始まりと終わりに鳴らす“ゴング”はスポンサーロムから頂き、「スポンサーロム」への敬意をはらい鳴らしている」と言われている。

主なかずさJCの事業

【青少年育成事業】  
サマースクール 1980年千葉ブロック主催「洋上セミナー」参加をきっかけに始まりました。
わんぱく相撲“かずさ場所 東京JCが始めた運動で、全国のJCに広がり、地区大会、全国大会が開催されています。
【まちづくり事業】  
やっさい もっさい 1974年かずさ青年会議所が企画し開催したのが始まりです。
エバーグリーンコンサート 1990年、創立25周年記念事業「夢が森をつくる」と題したコンサートを始まりに、かずさJC主催で何年か開催した後、“かずさ音楽の森の会”に主催をうつし、現在は「かずさ音楽祭」として開催されています。
四市合併を考える 木更津青年会議所設立当初から討議されていたそうです。2000年に住民アンケートを取る活動などを行ないました。

※このような先輩方が行った活動を詳しく知りたくなったら、納涼例会、望例会など先輩と交流する機会あるときなどに、積極的に聞きに行こう!!

花蓮JCとの交流

かずさJCは、1969年9月19日に、台湾の花蓮において姉妹締結の調印式をおこない、以後お互いに交流し、現在も活発に交流しています。

※中華民國花蓮國際青年商会(花蓮JC)設立 1965年9月19日
※花蓮との姉妹提携をするきっかけは、1969年、第5代歴代理事長、綱島才司先輩が、日本青年会議所、国際交流委員会が“海外との姉妹提携を結ぼう”という活動を行なっていた運動に賛同し、かずさ地域と似た地域(漁師まち)である、花蓮と姉妹提携を交わすこととなった。花蓮はかずさと同時に岐阜県大垣JCとの姉妹提携もおこなった。大垣JCとは大理石の生産で同じ地域という事で結んだそうです。
※詳しく花蓮との姉妹提携について知りたくなったら、綱島才司先輩に聞いてみよう。