設立趣意書

我々の町木更津市は江戸時代より情緒豊かな港町として栄え、昭和になつてからは海軍航空隊基地として日本の国防の重要な役割を果しておりました。戦後は日本経済の成長発展に伴い東京湾横断橋の実現を近い将来に控え、京葉工業地帯の中心地として発展が約束されております。

この様な時にあたり、私達青年は、課せられた使命の重大さを痛感し、持てる若さと情熱を傾注し、地域社会の開発発展に貢献いたすべく、ここに志を同じくする者相集い青年会議所を設立する運びと成りました。

青年会議所(Junior Chamber of Commerce)は満20才から40才迄の指導的青年経済人によって組織された国際的な不偏不党の集まりであります。世界80余ケ国と共に日本に於きましても、現在全国300有余の都市に存在し極めてアクチイブな活動をいたして居ります。その目的と精神はJC綱領の示す如く、社会的、国家的、国際的な責任を自覚し力を合せ青年としての英知と、勇気と、情熱を以て明るい豊かな社会を築きあげることにあります。
その為に私達は指導的訓練(Leadership Training)を基調とした修練を積み、会員相互の深い信頼と連帯感(Friendship)を深め、社会への奉仕(Service)を行なうものです。

この様な活動を通し我が愛する郷土新しき木更津のより飛躍的発展を願うと共に日本国内はもとより世界の青年と提携し国際的理解及び親善を助長し世界の繁栄と平和の為微力を尽くし度いと念願しております。こゝに木更津青年会議所設立の趣旨があります。何卒地域社会の各位におかれては心からなる御賛同と積極的な御協力を切望致す次第であります。

昭和40年11月

木更津青年会議所設立準備委員会