理事長所信

意識変革! 自らが変わる事で未来に必要な人財となれ!

 有為転変は世の習いというように、より豊かに、より便利になる為の新たな技術が、さらなる技術を生み出している現代において、急激な変化が起きています。特に人工知能やロボット技術の発達により、ライフスタイルや地域社会のみならず、仕事や経済においても、常識が非常識に、非常識が常識に変わり、現代人は様々な場面で変化に対応することが求められています。教育においても、「生きる力」の育成を目指して教育を進めていくことが重要であると定義されています。これからの社会は、変化の激しい先行き不透明な厳しい時代であること、そのような社会において子どもたちに必要となるのはいかに社会が変化しようと自分で課題を見つけ、自ら考え主体的に判断し行動することでよりよく問題を解決する資質や能力である位置づけられ、すでに変革が始まっています。
そのような時代だからこそ、青年会議所が必要であると考えます。青年会議所は、気づきや様々な経験等自らが変革できるきっかけを与えてくれる団体です。能動的な先駆者として常に先を見据えて運動を展開することで得られる経験、すばらしい考えを持った人たちとの出会いや、例会やフォーラムといった学びの機会を提供してくれます。私自身青年会議所に成長させていただきました。メンバー間や、尊敬する先輩方との交流、日本青年会議所や千葉ブロック協議会への出向での出会いは、常に学びの場となっており、私自身の宝になっています。様々な多くの機会をチャンスととらえ、メンバー一人ひとりが積極的に活用し、成長できる機会としながら、楽しく青年会議所活動をすることで、魅力ある団体になるべく邁進していきます。
かずさ青年会議所は2007年から、「すべてのこども達は天才である」という考えのもと、子どもたちの可能性を引き出すべくかずさ天才こども塾を開催してきました。子どもはこれからの未来を担っていく地域の宝です。しかし親の過干渉により自ら考えることをやめてしまうこどもが増えているように思います。先に述べた教育指針にあるようにこれからの社会に必要な能力は、自ら考え行動する人財です。そのような人財になるきっかけを提供するために、本年も「自主自立」をテーマに重要な継続事業であるかずさ天才こども塾を開催いたします。
我々の団体は会員数減少という問題に直面しております。国は経済政策をさまざまな形で打ち出していますが、中小企業までその恩恵が受けられているとは言い難く、仕事に手いっぱいでそんな暇はない、といわれる事が多々あります。しかし、そのような今までの日常と変わらない生活では、自らが変わるきっかけは少ないように思います。青年会議所に入会し、自分のコミュニティーの幅を広げる事や、身近な自己トレーニングの場である例会は、自分たちで必要な能力を得る為に、企画立案から準備・開催・検証という工程を踏むことで開催します。これは一つの事業を開催するためのスキルや、成功や失敗を検証し引き継ぐことで、成功は更なる効果を得るための工夫が生まれ、失敗は繰り返さないようになるというように、自らの問題を考え行動するために必要なスキルを身に付けることができます。そのような機会をより多くの人に知っていただくために、会員拡大を積極的に推進していきたいと思います。
またかずさ青年会議所は地域諸団体の活動に参画してきました。富津市民花火大会、君津ふれあい祭り、木更津舞尊祭り等、これからも活動を通じ地域の団体と交流することは、地域のためにより大きな事業をするときに必要になる時が必ず来ると思います。その時のために本年も積極的に交流を深めていきたいと思います。
我々青年は不完全です。不完全であるがゆえに多くの機会を経て変わっていけると思います。また青年ならではの大きな夢を持ち青年会議所という団体を通して千葉県中に、関東に、日本に、そして世界へとつながりを求めて、積極的な活動をすることは、自らの経験や成長になり、自分が変われば家族が変わり、家族が変われば地域が変わり、地域が変われば国が変わり、国が変われば世界が変わると思います。まずは己が変わる事から始めましょう。
そして未来は今まで以上の急激な変化を求められる時代が来ます。そのような時代に翻弄されるのではなく、自らの選択と成長で未来を切り拓ける人財の集まりになり、これからも地域に必要とされる団体であるべく、様々な機会を積極的に活用していきましょう。

運動方針

〈組織の強化と内部充実〉

 青年会議所出身で様々な団体や政治の世界で活躍されている先輩が多くいます。メンバーが成長し、社会への人財輩出を継続していくために、私たちの組織自体が強く,魅力ある団体である必要があります。入会3年未満のメンバーが大半を占める現状において、まずは、自らの団体を知り参画意識を高め、活動の楽しさを伝播していきたいと思います。
さらに例会等における清々しい緊張感をこれからも持ち、活動の際に会員のやりがいや楽しさを意識することで、成長の手ごたえを感じられる組織運営を目指します。

〈青少年育成・まちづくり事業〉

 かずさの未来の為に、どのような事が必要でしょうか。人工知能やロボットの開発により、単純作業はロボットが行う時代が来ると考えられます。そのような時代に必要なのは、感動できる心を持つことや、自ら考えて行動できる人財です。このかずさ地域にそのような人財が増えるように本年も、伝統の青少年育成事業「かずさ天才こども塾」をはじめとする日々の活動によって、このかずさ地域の未来の為に必要な事を奉仕の心をもって、取り組みます。

〈会員拡大〉

 青年会議所は40歳で卒業というリミットがあります。この40歳までの期間での経験や学びは、その後の人生で大いに役立つと思います。この年代だからできる活動を通し、自己の成長につなげる事が地域の未来を創る事になると思います。
その経験や学びを得られる青年会議所に多くの人たちに触れて頂くのは会員拡大活動です。本年も積極的な拡大活動を行っていきます。

〈渉外活動〉

 小さな行動範囲で物を考えるとかたよった考えしかうかびません。青年会議所という団体はその気になれば世界までつながりを持てる団体です。様々な結びつきを活かすことで、様々な角度から物を考える視野が広がると考えますので、積極的な渉外活動を行っていきます。また、かずさ青年会議所は地域との交流も大切にしてきました。これからも、地域諸団体や市民の皆様とのつながりを大切にしていきます。さらに、かずさ青年会議所は,社團法人花蓮國際青年商會(台湾花蓮市)との交流も,2017年で48年目となります。恒久的な世界平和の一歩となるべく、身近な民間外交でもある国際交流の機会を2017年度も推進していきたいと思います。

〈広報活動〉

 私たちの運動をより効果的に、より広く伝播していくためには、私たちのことを知っていただき、より多くの理解者を得る事が大切です。ホームページ・SNS・広報すずの音による広報活動を基盤にしながらも、様々なPRの機会を作っていきます。

事業計画

〈組織の強化と内部充実〉
  • 1.各種会議の充実・緊張感ある設営
  • 2.会員の成長を促す為の各種研修等
  • 3.地域及び会員交流のための諸活動
  • 4.これから先の時代に即した活動への調査・研究
〈青少年育成・まちづくり事業〉
  • 1.「かずさ天才こども塾」の実施等
  • 2.ひかり輝くかずさの未来にするための活動
〈会員拡大〉
  • 1.会員拡大15名以上
  • 2.新入会員フォロー活動の実施
〈渉外活動〉
  • 1.千葉ブロック協議会・関東地区協議会・日本青年会議所・JCI運動への参画、出向者への支援
  • 2.社團法人花蓮國際青年商會との交流
  • 3.行政及び地域諸団体への協力及び交流
〈広報活動〉
  • 1.ホームページの作成等
  • 2.効果的な広報の実施
  • 3.広報すずの音の作成