事業・例会のご案内一覧

6月第一例会

概要

日時
2018年6月19日 火曜日 19:00~21:00
会場
ロイヤルヒルズ木更津ビューホテル
千葉県木更津市太田2-2-1
0438-23-0211
講演テーマ
徳溢れる心醸成プロジェクト
「家訓づくりプログラム」
~共有意識の重要性と語り継がれる徳~
講師
幡谷哲太郎様
内容
「家訓づくりプログラム」を実施し現在の自分を見つめ直し、立ち位置を確認します。
家族で共通の目的を持つことの重要性や受け継ぐ心、德溢れる心の醸成を図ります。
また、各ポジション(自分、家族、会社、地域、JC)での目的意識の持ち方、意志を受け継ぐ・共有する大切さ、を考え今後のJC活動も含めた生き方のヒントとして頂きます。
(講師講演)
「家訓づくりプログラム」実施前に講師の幡谷先輩の言葉に耳を傾けやすくします。
自己紹介、現状把握、地域活動、JCI理念、JC経験談、震災体験談をご講演いただき「家訓プログラム」へ移行していきます。
(家訓づくりプログラムの実施)
講演にて講師の幡谷さんの人柄に触れ、アイスブレークの時間を設けることで幡谷先輩も仕切りやすくなり、ワークショップも意見が出やすくなります。
普段メンバー内で互いに家族の話をすることは少ないと思いますが、今回ワークショップを通じて相互理解も含め自分の人となりを見つめ直す良い機会として「家訓プログラム」を実施します。
講演
「JCI理念、JC活動の経験談~意識共有~」
講演:幡谷哲太郎様
水戸JCOBとしての講師紹介・自己紹介
「形式的なセレモニーも全員で行う理由・意味。共有意識を理解する」
「なぜJCはセレモニーを行うのか」
「当たり前のことを当たり前に行う」大切さを理解するために(震災時にわかったこれまでの活動の意義)→懇親会(有事の際の心構え)→懇親会
「家訓づくりプログラム~目的意識の重要性~」
モジュールⅠ(5分)【導入フェーズ】
徳溢れる心の必要性を喚起する
モジュールⅡ(10分)【確認フェーズ】
「ご先祖さんご縁シート」記載・活用方法の説明(3分)
「ご先祖さんご縁シート」を活用し価値観の点検(7分)
モジュールⅢ(20分)【探究フェーズ】
参考例として偉人の家訓、過去参加者の家訓を紹介(6分)
「親からのメッセージ」を書き出し自分の価値観の見つめ直し(6分)
班内で出た意見の「親からのメッセージ」の分類(8分)
モジュールⅣ(20分)【発信フェーズ】
出た意見や参考例を確認(5分)
「家訓づくり」を実施(5分)
班内にて各自発表(10分)

5月第一例会

概要

日時
2018年5月15日 火曜日 19:00~21:00
会場
ロイヤルヒルズ木更津ビューホテル
千葉県木更津市太田2-2-1
0438-23-0211
講演テーマ
「こどもたちの安全と育成」
講師
日本ボーイスカウト千葉県連盟理事野中浩章様
内容
1部
①我々は、こどもたちの自主性を尊重しつつも、こどもたちが、けがをしたり、事故にあったりしないようにするには、どのようなことに気を付ければよいのか
②我々は、こどもたちの自主性を尊重しつつも、こどもたちが目標を達成するように、こどもたちを育成するには、どのようなことに気を付ければよいのか
我々のこどもたちの安全及び自立に対する知識を深め、青少年育成についての意識の向上を図ります。
メンバーがチャイルドビジョンを使用することによって、こどもたちの視界を体験します。
2部 グループディスカッション
予め班ごとに座っているメンバーに対して、具体的な事例を提示しつつ、質問をし、メンバーは、班ごとにブレーンストーミングを行い、意見を洗い出し、発表します。

4月第一例会

概要

日時
2018年4月17日 火曜日 19:00~21:00
会場
ロイヤルヒルズ木更津ビューホテル
千葉県木更津市太田2-2-1
0438-23-0211
講演テーマ
「ソーシャルスタイルを用いた『成果』の出るPR」
講師
大手保険会社 所長 大崎 慎司 氏
プロフィール
大手保険会社にて所長を務める傍ら、ライフプランセミナー、営業育成セミナー、FPセミナーなど防衛省や大手企業からの依頼により、多くの講演経験、実績をお持ちの方です。
内容
本講演の魅力としては、自分と相手をソーシャルスタイルというパターン化した上で、どのようなコミュニケーションを取るのが最適かを考えるものですから、パターンに乗せられれば類型的にコミュニケーションが円滑になる方法を勉強できるというところにあります。
その具体的なプロセスとしては、まず、気質、性格、態度(習慣的性格)、ソーシャルスタイル(社会的性格)、役割性格といったパーソナリティー構造を理解することによって、人の個性・持ち味とは何なのかを考えます。
また、自己のソーシャルスタイル(社会的性格)を分析し、今の自分を見つめ直します。
そして、他者のソーシャルスタイル(社会的性格)を知ることで他者への関与の仕方また手法を学び、伝達力とPR力の向上を図ることで、それを県内25LOMそれぞれの会員拡大活動、広報活動の質向上、また、LOM間交流につなげます。
・自分自身のコミュニケーションの傾向を理解する。
・他人の行動傾向の見分け方を理解する。
・ソーシャルスタイル理論を通じて、いろいろなタイプの人間があり、ウマが合う・合わないは当然にあることを理解する。
・ウマが合わないことをふまえて合わない人間に対して、自分が歩み寄って接するという意識を身に付ける。
・独自のコミュニケーション手法を構築する。
・多くの人(JCメンバーのみならず、仕事における顧客等)との関係構築をスムーズに行うことができるようになる。
・上司と部下などの上下関係コミュニケーションが円滑に進められるようになる。

2月第一例会

概要

日時
2018年2月20日 火曜日 19:00~21:00
会場
ロイヤルヒルズ木更津ビューホテル
千葉県木更津市太田2-2-1
0438-23-0211
事業内容
一般社団法人かずさ青年会議所では数十年にわたり公益社団法人日本青年会議所の直前会頭にお越し頂き、日本青年会議所の会頭という大職を全うされて感じ得たJC感や、貴重な経験談をお話しいただく事で、JCの価値観やJC運動、活動の基本を再確認し、自己管理、自己啓発を行う場を設けてまいりました。
我々メンバーがこれからの青年会議所運動を担っていくにあたり、長年続いてきた伝統を守ることの大切さ、そしてその伝統を受け継いだ上で、今の我々にとって必要なものとは何なのか。
50年を過ぎなお成長し続けなければならない我が青年会議所の誇りとなる貴重な場として、メンバーの学びの場となるよう、2018年度も継続して行いたいと考えました。
講演テーマ
自己成長を求め「日本道」を歩もう
「日本を変えるのはオレたちだ!!」
講師
公益社団法人日本青年会議所 直前会頭 青木 照護 君 (第66代会頭)
内容
【2017年基本理念】
教育再生と経済再生による誰もが夢を描ける日本への回帰
【2017年基本方針】
1. 真の主権者教育による「全うな日本人」の育成
2. 経世済民によるデフレからの完全脱却
3. 戦略的民間外交による国益の増進
4. 地域再興による東京一極集中の是正
5. ブランディングと社会的信頼の獲得によるJCの価値を高める組織運営
【本例会の方向性】
この基本理念のもと、青木直前会頭は1年の任期を全うされました。
会頭としての1年間の貴重な経験談はもちろんの事、大職を全うされたのちのJC観、地域のLOMへ期待する事などをお聞きします。本例会では、特に青木会頭の所信より、JCの魅力を熱く語る「豪傑」と呼ばれる人たちが存在していた時代、その「豪傑」が圧倒的に少なくなってきている現代についてお聞きしたいと思います。かずさ青年会議所は、十数年前までは100人以上の会員が在籍しており、千葉ブロック協議会において会長輩出が一番多いLOMです。個々の能力や組織力といった勢いがあったLOMであり、まさに「豪傑」と呼ばれる人材が満ち溢れていました。そんな「豪傑」とされる先輩たちの卒業後ここ12年間会長輩出できておりません。
この地域のために本気で活動していくには、私たちはもっと地域におけるJCの価値を高めなければならないし、いつの時代にも社会を変えることができるのはJCでしかない、全力でJC運動を展開してまいりたいという思いがあります。かずさ青年会議所は特に熱き思いを持った先輩が多く在籍していて、その先輩の背中を追い求める中で自己研鑚を積み重ね、いつしか自分たちも「豪傑」へと成長していきました。時代の変化と共に会員数の減少が急速に進み、当時の勢いも他LOMに追い抜かされているような思いは否定できないと感じます。その事について、「豪傑は豪傑からしか生まれない。ならば豪傑と出会える確率を高めていかなくてはならない。そのために、日本青年会議所には出向という仕組みが存在している。」「出向とは有する最高の人材育成プログラムである。」とありますように、千葉ブロック会長や日本青年会議所の役員を更に輩出できる組織強化、人材育成を高めていきたいと考えます。私たちメンバーがこれからの青年会議所運動を担っていくために、出向についての魅力と今の我々にとって大切なこと、必要なものについてご講演いただきます。

その他情報
・理事長ブログ
・2017年度 かずさ青年会議所
・2016年度 かずさ青年会議所

Links
日本青年会議所関連
・公益社団法人 日本青年会議所
・公益社団法人 日本青年会議所 千葉ブロック協議会
・公益社団法人 千葉青年会議所
・一般社団法人 館山青年会議所

賛助会員(賛助企業)
・株式会社かずさアカデミアパーク
・株式会社サンセルモ
・株式会社大鳥ほけん

一般社団法人 かずさ青年会議所
Copyright Kazusa Junior Chamber Intemational,All right reserved.